So-net無料ブログ作成
検索選択

ここ一週間の読書&映画 [読書]

 失業それはオトナの夏休み(夏じゃないけど
と、いうかヒマはたっぷりでお金はないのでせっせと図書館&レンタルビデオ店へ足を運んでマス。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

私は男より預金通帳が好き [読書]

決心して三年弱で預金1000万を貯めたという韓国の独身女性のハナシ。
預金というゲームを通じての<自分探し>の物語。
ここまでやると痛快だな~と一気に読みました。感じとしてはなんか、小学生の時に道端とか歩いててただ歩いているのはつまらいので、あの角を曲がるまで息を止めることができたらゲーム成功!みたいな<自分と闘うゲーム>をしているみたいな雰囲気。
ただ、10ウォン=1円の計算で訳がしてあるのだけど微妙に貨幣価値が違うのかな? 私たちが思っている1000万以上の価値がありそう。

私は男より預金通帳が好き

私は男より預金通帳が好き


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

登山道によくある<中高年の恋>とは? [読書]

魂萌え ! ←がんばれ、中高年! go! go!
前に読んだグロテスクと変わって、希望と再生を感じさせて読後の感触が良かった

ところでよく九州、山口の登山道によく赤のスプレーとかで落書きしてある中高年の恋とはいったい何?! 誰が、何の目的で書いているのか誰かご存知ではないですか? 地元の小さな山から百名山に入るような山にいたるまでしょっちゅう書いてるのを目撃するもんで~(*_*)

魂萌え !

魂萌え !


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イランの近代史 [読書]

朝日新聞に著者のインタビューが出ていたのでペルセポリスI イランの少女マルジ、ペルセポリスII マルジ、故郷に帰るの2冊を図書館で借りて読んでみました。
イランという国に対して自分は本当に何も知らないのだなと思った。
映画「友達のうちはどこ」などでみたような牧歌的でイスラムの国の中では比較的自由で、のんびりした国なのだという印象をもっていたのでした。
このマンガに描かれる日常は辛いものです。
時に涙ぐんでしまい、ひとコマ、ひとコマ読むのに大変時間がかかってしまいました。
夫も夢中で読んでました。

ペルセポリスI イランの少女マルジ

ペルセポリスI イランの少女マルジ


ペルセポリスII マルジ、故郷に帰る

ペルセポリスII マルジ、故郷に帰る

  • 作者: マルジャン・サトラピ
  • 出版社/メーカー: バジリコ
  • 発売日: 2005/06/13
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。